歯の色を白くしたい方

オールセラミックとホワイトニングで白い歯並びに

あなたの歯は天然の歯の色ですか?

 

歯の色は年齢とともに黄ばんできます。ほんの少し白くするだけで見た目も明るく回復します。

 

今回は、手軽に始められるホワイトニングのご紹介をいたします。


例えばこんな場合にホワイトニングが有効です。

治療前
治療前

神経を抜いた歯が変色しています。差し歯の色も黄色く全体的に色の改善をします。

下の歯もホワイトニングをして全体的に見えるところを白くしました。

 



前歯だけでも白い歯が並んでいたい。という方におすすめな審美歯科治療法。

 

歯の色全体をホワイトニングし、歯の神経を抜いて変色している歯は歯の内部からウォーキングブリーチを行い白くします。その上で、かぶせてある人工の歯の部分は作成し直すことで、最小限の治療本数で前歯を白くすることができます。

 

前歯の差し歯や詰め物の変色が気になる方、まずは無料カウンセリングにおこしになられてはいかがでしょうか

 

無料カウンセリングお問い合わせ


ホワイトニングは白い歯への第一歩

ホワイトニング
ホワイトニング

歯の色を全体的に白くしたい場合、まずはホワイトニングをされることをお勧めしています。自然な感じに白くなります。

但しもし、歯が変色歯と言われているブラウンやグレーの色をされている方はホワイトニングより、ラミネートべニアなどのオールセラミック治療を行った方が満足いただける白さとなります。

白い歯のトピックス 歯並びが悪い場合のホワイトニング

歯並びの悪い方のホワイトニングは、ホームホワイトニングをお勧めします。オフィスホワイトニングでは、歯並びが悪い部分にジェルを歯茎に着けずに塗るのが難しいため、歯並びが悪い部分はひょはくが難しくなります。

ホームホワイトニングのジェルは低濃度の漂白剤ですので、歯並びの悪いところを含めてまんべんなく漂白剤がいきわたりますので漂白効果があります。

また、歯並びが悪い部分はホワイトニング前に、しっかりと汚れを取っておくことも重要になります。


審美歯科のトピックス


歯を白く変えたい方の関連Blog

警告!間違ったオールセラミックのメンテナンスをしていませんか?

オールセラミックのクリーニングで汚れがつきやすくなる場合があります。

 

きれいなセラミックを入れる審美歯科治療を行われる方が近年増えてきています。金属を使用しないオールセラミックが登場して以来、歯並びをオールセラミックで治しても自然な仕上がりとなり人気が出ております。

 

見た目がきれいになる治療ですし、審美歯科について賛否両論があるかと思います。今回は、審美歯科につていではなく審美歯科治療の結果が間違ったメンテナンスで無駄になってしまっていないかというお話です。

 

オールセラミックのメンテナンスの問題その1

 

大きな問題の一つ目は、オールセラミックを入れられた本人の歯ブラシやケアの問題。そしてもう一つは定期的なメンテナンスを行っている歯科医院の問題となります。

 

ご自身のオールセラミックの日々のお手入れはご自身で行われることがメインとなると思いますが、ここで気を付けていただきたいのは、磨かないことは当然ですが、磨きすぎることです。

 

特に力を入れすぎて、ごしごし磨いたり、長時間磨き続けてしまうことが問題になります。オールセラミックは天然の歯より汚れが落ちやすいですので柔らかめの毛先の歯ブラシを使用して20回ほどやさしくこするだけで十分です。また、隙間の空いていない歯と歯の間の歯茎に無理やり歯間ブラシを使用することは絶対にしないようにして下さい。

 

不用意な歯ブラシ、歯間ブラシの使用によって歯茎が下がってしまう問題が起こってしまいます。

 

オールセラミックのメンテナンスの問題その2

 

2点目は歯科医院でのオールセラミックのメンテナンスについての注意です。歯科医院で歯石とりをするときに超音波のステンレスの機材を使用してオールセラミックに触れることはしない医院に行かれてください。

 

 また、オールセラミックを研磨するクリーニング用のペーストが荒いとオールセラミックの光沢が失われて曇った表面となります。どの歯科医院がメンテナンスに良いのかわからない場合は審美歯科治療を行っている病院に行かれることをお勧めしております。事前にオールセラミックのメンテナンスを行っているか確認するとより安心かもしれません。

 

せっかくのオールセラミックに光沢がなくなってしまっては綺麗には見えなくなってしまうのではないでしょうか。

 

歯並びのページ

 

オールセラミックを長くきれいに保つためには、やはり定期的なお掃除が必要になります。

 

セラミックは天然の歯より汚れが付きにくいものです。

普段のお手入れは普通に歯を磨くだけで十分でしょう。

 

定期的に表面に渋やヤニがついたりしたのをお掃除されると良いでしょう。

 

ただ、繰り返しますが、歯医者さんによっては、ステンレスの超音波などでセラミックをお掃除してしまい、逆に傷をつけて汚れやすくしてしまうところもあるでしょうから、できれば審美歯科をやっている病院でクリーニングをされた方が安全だと思います。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

前歯のオールセラミック治療例 見た目の完全した審美歯科ケース〜ビフォーアフター〜

前歯の審美歯科で使用するオールセラミックという素材は、天然の歯以上にきれいで自然な感じがします。 歯並びを改善することもできます。 特に前歯に関しては、歯並び以上に歯そのもののきれいさというのが見た目にとって重要になります。

 

前歯をきれいにしたい方は一度ご相談にいらっしゃってください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

歯並びブログ 歯並び治療と合わせてホワイトニングもいかがでしょう

歯並びを治す場合は、歯の色も合わせて治すとよりきれいな歯並びに見えるようになります。

 

きれいな歯並びと白い歯は口元を上品に見せてくれます。

 

ホワイトニングで歯が白くなりすぎることを心配されている方がいらっしゃいますが、ホワイトニングは歯の黄色さなどの着色をとることで白くしますので、歯の本来の色合いを引き出すとお考えください。ただ、強い漂白剤は歯の表面を脱灰させて不透明な白さとなり、すごく白いという感じになってしまいますのであまりお勧めしておりません。

 

ただいま、ホワイトニングのキャンペーン価格でのご提供を行っておりますので、この機会にいかがでしょうか?このキャンペーンはホワイトニングの感想を集めるために行っていますので、十分な量の感想がいただけた段階で終了させていただきます。

続きを読む 0 コメント

東京 審美歯科ブログ 仮歯の形の修正で歯並びを改善

歯の形や、歯並びの仕上がりを確認したいという方は多いと思います。仕上がったセラミックの形はどのようなものなのか心配される方も多いようです。

当院では、審美的な仮歯で歯並びや歯の形の確認をすることができます。

続きを読む 0 コメント

歯並びBlog 歯並びを良くした上で歯の色を白くすると綺麗です。

歯並びが悪いと、歯の重なってしまっている部分などは、ホワイトニングなどの効果が出にくく、歯の白さにムラができてしまいます。

 

歯並びを良くした上でホワイトニングを行うか、審美歯科で白いオールセラミックを入れて白くすることで、歯並び全体的に白い歯が入ります。

 

また、歯並び治療を希望される方の多くはホワイトニングで歯を白くされます。

 

矯正治療をする時でも矯正前から歯の色を白くするというのもいいと思います。矯正中もきれいな白い歯に見えます。もちろん矯正後にホワイトニングをされるのでもきれいになります。

 

審美歯科治療を行う場合は仮歯に変えているうちにホワイトニングで歯の色を決めます。

 

最終的には全体的に歯を白くして歯並びも良くなります。なるべく早く白くしたい方はホワイトニングを先にされてはいかがでしょうか?

 

歯並びのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント