歯並びと歯の形を変える治療

あなたは、ご自身の歯をじっくりと見られたことはありますか?

 

周りの方の歯を想像していただくとわかりやすいのですが、前歯の大きい方、小さい方、丸い方、四角い方など、歯の記憶は人に残りやすいものです。

 

あなたの歯が、綺麗な並びで左右でバランスのとれた形をしていると、口元が綺麗で上品な感じとして人の記憶に残ります。

 

今回は、歯の形を変える治療法の中でも長持ちする素材であるオールセラミックの治療法ご紹介をいたします。


ラミネートべニア法

ラミネートべニア法は、歯の表面を1ミリ以下削ってオールセラミックを接着させる方法です。

歯の形が厚くごつごつしている感じがあるので男性的な感じに見えます。

オールセラミックのラミネートべニアで自然な感じの見た目となりました。

歯の光沢や白さは天然な感じですが、実際天然の歯ではこのような表面のつやは出ません。

 



歯の形は人によって好みがありますが、基準となる審美歯科の歯の形があります。

 

四角い歯は男性的、丸みのある歯は女性的な感じを表現すると言われています。

 

歯の長さが短いと若年者な感じが出ますし、長いと不自然な感じがします。

 

年齢や性別によって歯の形を決めていくこともあります。

 

ただ、とにかく白くて、きれいに並んでいるというのも人気はあります。

 

歯の形はかみ合わせによって影響される部分が多いため、場合によっては上下の歯のかみ合わせも変える必要があります。

 

特に上の前歯の形を審美歯科で治療を行いたい方は、下の前歯の歯並びによって歯の形が制限されるため、下の歯も歯並びの治療も上の前歯の治療と合わせて行う場合もあります。


歯の形のご相談

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

03−3251−3921

 

営業時間

11:00〜20:00

昼休み

14:00〜15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

 

東京の審美歯科 トピックス

歯の形に関するブログ

東京 審美歯科ブログ 歯並びを審美歯科で

最近スピード矯正、クイック矯正というセラミック治療があるようですが、これはセラミック治療のことです。

 

分かりにくいので、整理されると良いと思います。矯正と言ってもワイヤーを使用しないで歯を削ってセラミックを入れることで歯並びを良く見えるようにする方法として、スピード矯正、クイック矯正という言い方をする場合があるようです。

 

スピード矯正に関しましては、矯正装置を入れたうえでコルチコトミー法などを併用した短期間で終わるワイヤー矯正法のことを言っている場合もありますので、お間違えないように。

 

歯並び治療に関して短期間に終わる方法、目立たない治療法など生活のニーズに合わせて治療を選択することができるようになってきています。

 

歯並びのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

歯並びや歯の大きさ・形を審美歯科で治す事ができます.

0 コメント

警告!間違ったオールセラミックのメンテナンスをしていませんか?

固い毛の歯ブラシでゴシゴシ磨いていたり、フロスを無理矢理通したりしていませんか?


しっかりと磨きたいのはわかりますが磨き過ぎは決して良くはありません.


普通に歯ブラシをして気になるようでしたら定期的に歯科医院にクリーニングに行かれてはいかがでしょうか?


きれいなセラミックを入れる審美歯科治療を行われる方が近年増えてきています。金属を使用しないオールセラミックが登場して以来、歯並びをオールセラミックで治しても自然な仕上がりとなり人気が出ております。

 

見た目がきれいになる治療ですし、審美歯科について賛否両論があるかと思います。今回は、審美歯科につていではなく審美歯科治療の結果が間違ったメンテナンスで無駄になってしまっていないかというお話です。

 

大きな問題の一つ目は、オールセラミックを入れられた本人の歯ブラシやケアの問題。そしてもう一つは定期的なメンテナンスを行っている歯科医院の問題となります。

 

ご自身のオールセラミックの日々のお手入れはご自身で行われることがメインとなると思いますが、ここで気を付けていただきたいのは、磨かないことは当然ですが、磨きすぎることです。

 

特に力を入れすぎて、ごしごし磨いたり、長時間磨き続けてしまうことが問題になります。オールセラミックは天然の歯より汚れが落ちやすいですので柔らかめの毛先の歯ブラシを使用して20回ほどやさしくこするだけで十分です。また、隙間の空いていない歯と歯の間の歯茎に無理やり歯間ブラシを使用することは絶対にしないようにして下さい。

 

不用意な歯ブラシ、歯間ブラシの使用によって歯茎が下がってしまう問題が起こってしまいます。

 

2点目は歯科医院でのオールセラミックのメンテナンスについての注意です。歯科医院で歯石とりをするときに超音波のステンレスの機材を使用してオールセラミックに触れることはしない医院に行かれてください。

 

 また、オールセラミックを研磨するクリーニング用のペーストが荒いとオールセラミックの光沢が失われて曇った表面となります。どの歯科医院がメンテナンスに良いのかわからない場合は審美歯科治療を行っている病院に行かれることをお勧めしております。事前にオールセラミックのメンテナンスを行っているか確認するとより安心かもしれません。

 

せっかくのオールセラミックに光沢がなくなってしまっては綺麗には見えなくなってしまうのではないでしょうか。

 

歯並びのページ

 

オールセラミックを長くきれいに保つためには、やはり定期的なお掃除が必要になります。

 

セラミックは天然の歯より汚れが付きにくいものです。

普段のお手入れは普通に歯を磨くだけで十分でしょう。

 

定期的に表面に渋やヤニがついたりしたのをお掃除されると良いでしょう。

 

ただ、繰り返しますが、歯医者さんによっては、ステンレスの超音波などでセラミックをお掃除してしまい、逆に傷をつけて汚れやすくしてしまうところもあるでしょうから、できれば審美歯科をやっている病院でクリーニングをされた方が安全だと思います。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

東京 審美歯科ブログ 審美歯科でもかみ合わせ歯重要です。

審美歯科治療を行う場合、もともともかみ合わせを変えずに治療することが基本です。

かみ合わせを変えないように仮歯でしっかりと調整して違和感のない形に作ります。

仮歯の段階でかみ合わせが悪いと審美歯科治療後のかみ合わせも悪くなります。

 

また、かみ合わせによって、歯並びの変更に制限ができます。例えば、出っ歯の方の場合、上の歯だけでなく下の歯も出てしまっているケースが多く,上の歯だけを下げる事がかみ合わせの関係で難しい事もあります。こういったケースでは下の歯の位置も変える必要があります。

 

かみ合わせを含めた審美歯科のご相談は無料カウンセリングを行っております。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

前歯の噛み合わせを仮歯と部分矯正治療で調整しているケース

Blogの記事の興味を持たれた方は上の共有ボタンのクリックをお願いいたします.

0 コメント

東京の審美歯科ブログ 歯の形と歯並び

審美歯科の治療をご希望の方の中に、歯の形や歯並びを治したくていらっしゃる方がいます。

 

当院の審美歯科治療では歯を削る前に模型上で歯並びや形の確認をしていただいております。歯型をお取りして、模型を作り、模型上でプラスティックの仮歯やワックスを使って、最終的なセラミックの歯の形をお作りします。審美歯科治療では、最終的な歯の形や歯並びが重要ですので、最初の段階でしっかりと確認することが重要です。

 

審美歯科で失敗しないために治療の前に確認してください。

 

歯並びのページ

 

歯並びのページでは、審美歯科治療や矯正治療のご紹介をしております。矯正治療は歯列矯正のモニターを格安価格でご紹介しております。また、審美歯科では、八重歯や出っ歯の歯並びを仮歯をお口の中に装着する事で最終的な歯並びを確認する事ができます。また、前歯のみの歯並びの治療でしたら,部分矯正法も選択肢としてご検討されてはいかがでしょうか?

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

03-3251-3921

歯の形と歯並びは歯茎の形に左右されます.

お写真のように歯茎が下がると歯の形が変わってしまいます.

歯茎の形を歯ぐきの再生治療で治す事で、きれいに並んだ歯並びに見えるようになります.

上のボタンを押してBlogを共有して頂けると幸いです.

0 コメント

歯並びBlog  歯並びによって歯肉が下がりやすくなることがあります。

歯並びと骨の関係
歯並びと骨の関係

歯並びが悪いという事は、単に見た目が悪いというだけでなく、将来的に歯肉が下がってしまう事につながるかもしれません。

 

歯並びの悪い歯は、歯科用のCTなどで確認した場合,顎の骨から飛び出してしまっている事がよくあります。顎の骨のに覆われていない歯の歯肉は下がりやすい事が知られています。

 

たとえば、八重歯の方の場合、犬歯が骨の外に飛び出していることが多いため、通常より歯茎が下がりやすくなってしまっています。八重歯の歯茎が下がって長くなっている方を見かける機会が多いのは歯茎が通常より下がりやすいためです。

 

歯肉が下がらないように歯肉の再生などを行う場合もあります。骨の厚みを増すことは難しいため歯茎を厚くして歯茎が下がったのを回復するとともに歯茎をさがりにくくします。

 

歯肉の再生のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120-25-1839

0 コメント