歯並びと歯の形を変える治療

あなたは、ご自身の歯をじっくりと見られたことはありますか?

 

周りの方の歯を想像していただくとわかりやすいのですが、前歯の大きい方、小さい方、丸い方、四角い方など、歯の記憶は人に残りやすいものです。

 

あなたの歯が、綺麗な並びで左右でバランスのとれた形をしていると、口元が綺麗で上品な感じとして人の記憶に残ります。

 

今回は、歯の形を変える治療法の中でも長持ちする素材であるオールセラミックの治療法ご紹介をいたします。


ラミネートべニア法

ラミネートべニア法は、歯の表面を1ミリ以下削ってオールセラミックを接着させる方法です。

歯の形が厚くごつごつしている感じがあるので男性的な感じに見えます。

オールセラミックのラミネートべニアで自然な感じの見た目となりました。

歯の光沢や白さは天然な感じですが、実際天然の歯ではこのような表面のつやは出ません。

 



歯の形は人によって好みがありますが、基準となる審美歯科の歯の形があります。

 

四角い歯は男性的、丸みのある歯は女性的な感じを表現すると言われています。

 

歯の長さが短いと若年者な感じが出ますし、長いと不自然な感じがします。

 

年齢や性別によって歯の形を決めていくこともあります。

 

ただ、とにかく白くて、きれいに並んでいるというのも人気はあります。

 

歯の形はかみ合わせによって影響される部分が多いため、場合によっては上下の歯のかみ合わせも変える必要があります。

 

特に上の前歯の形を審美歯科で治療を行いたい方は、下の前歯の歯並びによって歯の形が制限されるため、下の歯も歯並びの治療も上の前歯の治療と合わせて行う場合もあります。


歯の形のご相談

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

03−3251−3921

 

営業時間

11:00〜20:00

昼休み

14:00〜15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

 

東京の審美歯科 トピックス

歯の形に関するブログ

仮歯をきれいにする事で仕上がりが予想できます.

前歯の差し歯治療を行う場合,汚い仮歯でもよいという歯科医院も多いようですが,審美歯科治療では歯並びや形にこだわりますので、仮歯の段階で歯並びや形を調整します.


仮歯の段階で出来ない歯並びは最終的な歯でも出来ません.仮歯だから良いと思っていると、オールセラミックに変更しても同じ歯並びになってしまいますので注意する必要があります.


審美歯科で歯並びを治療する場合、仮歯を使用して歯並びをそろえていきます。仮歯の段階である程度歯並びが改善されるため,患者様には喜んでいただいております.きれいな仮歯を使用しますので、日常生活にそれほど支障はありません.

 

そのため、きれいな仮歯を使用して実際生活して頂きます。いろんな角度から仮歯を見て歯並びの判断をして頂きます。

 

仮歯の修正に実際に歯を作る技工士さんに立ち会ってもらうこともできます。


歯並び治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。クリックしてご覧さい。

 

歯並びの治療ページ

 

仮歯は、出っ歯や八重歯の歯並びの治療や、変色した歯の治療を行うときに、歯の削る量や、歯の形を診断する上でも重要になります。きれいな仮歯を作ることで、最終的なセラミックも計画通りに作成することができます。

 

そのため、仮歯をきれいに作成しております。仮歯で日常生活を過ごしても添えほど違和感なくお過ごしいただけます。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

上下の前歯の歯並びの治療を短期間に

前歯の歯並びを短期間に治したい。

 

そんな場合に行う方法の一つをご紹介いたします。

 

部分矯正と審美歯科治療を組み合わせた治療方法です。短期間と言っても2~3か月かけて行う方法です。もっと短期間の場合はオールセラミック単独の治療のほうが良いでしょう。

 

下の前歯の歯並びは、前後にでこぼこしてしまっている場合が多く、オールセラミックのみにて治療を行うと歯の長さがそろわない問題が起こってしまいます。下の前の長さを整えるために部分矯正治療を行います。上の歯は歯茎の整形とオールセラミックで行います。


まず下の歯の部分矯正と上の歯の仮歯で歯並びを調整します。

歯並び
歯並び

歯並びが少し悪いくらいでしたら、数ヶ月で治す事ができる場合があります.

上の写真のように、下の歯並びが少し重なっているのと、上の歯の形が気になるので審美歯科治療を行うという方は、下の前歯を短期間に矯正治療で並べる事ができます.

部分矯正治療後
部分矯正治療後

下の歯並びを部分矯正で並べた後の状態。2ヶ月程で矯正装置を取りました.後は、上の仮歯を審美歯科治療で治します.

 

前歯の歯並びの治療に関するページ

 

前歯の歯並びの治療をご希望の方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい.無料カウンセリングにて治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

歯並び無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

角度が出っ歯なときの審美歯科治療

前歯の角度がつきすぎてでた感じに見えてしまう歯並びの方がいらっしゃいます.歯の角度が内側になる事で出っ歯に見えない場合もありますので、仮歯でしっかりと審査した上でオールセラミックの形を決められると良いと思います.

 

前歯の角度が出て見える原因の一つに歯の付け根の部分が薄い場合があります.歯の付け根が薄い場合,歯の面に角度がついてしまいますので、出っ歯な感じに見えてしまう場合もあります.


噛み合わせの関係で出っ歯に見える場合

下の顎の出ている方が前歯の審美歯科治療を行うとどうしても小さな歯になってしまいます.しかも前歯に角度がついてしまう分出っ歯な感じになってしまうケースを見かけます.


典型的な差し歯の失敗パターンの一つだと思います。

下あごが出てしまっている方の差し歯をお作りする場合、元々の歯が内側に入ってしまっているため上の歯を前に出して並べる事になります.

噛み合わせの関係で上の差し歯が傾斜した形(出っ歯の感じ)の差し歯になってしまいます.


こういったケースは歯茎の整形を行って歯の形を整える事で出っ歯な感じを解消する事が出来ます.

続きを読む 0 コメント

ジルコニアオールセラミックブリッジ

ジルコニアオールセラミックブリッジ
ジルコニアオールセラミックブリッジ 治療後

歯がない部分にブリッジ治療を行う場合がありますが、ジルコニアフレームを使用することで、金属を使用しないオールセラミックのブリッジも可能です。


オールセラミックの種類のジルコニアは強度が通常のセラミックよりあります。


オールセラミックには種類がありますので、ご相談ください。


セラミックの素材についてのページ



治療前の状態
治療前の状態

治療前は歯茎が下がってしまったメタルボンドブリッジが入っていましたが、歯茎の再生治療とホワイトニングとジルコニアオールセラミックブリッジを使用することで上の写真のような感じで歯並びを改善させることができます。

0 コメント

歯の形を治したい場合の審美歯科治療

歯の大きさを変えたい場合、単に審美歯科治療を行っても改善されない場合があります。重要なのは歯茎の位置になります。


単にオールセラミックの差し歯を入れただけでは、歯茎の位置が改善されず、歯の大きさが左右で不揃いになってしまう場合などは単純な審美歯科治療では改善されません。


多くの場合、オールセラミックの治療と同時に歯茎の形を整形することで、歯の大きさを調整することができます。

 

歯の大きさが小さい場合、歯茎の整形を行い、歯が長い場合は歯茎の再生を行います。歯茎の整形をすることで歯の長さを長くすることができます。歯茎の再生は歯の長さを短くします。

 

歯茎の整形や再生を行うと治療期間が3か月ほど伸びます。間隔をあけてご来院していただければよいかと思います。

 

歯茎の位置を整えることでより自然な歯並びにすることが可能になります。

 

歯茎の審美歯科のページ

 

0 コメント