セラミック症例


ケース1 歯茎の整形とオールセラミックとホワイトニング

術前
術前
術後
術後

ケース2 オールセラミックとホワイトニング


術前
術前
術後
術後

ケース3 オールセラミックとホワイトニング

術前
術前
術後
術後

ケース4 歯茎の再生とオールセラミックとホワイトニング

術前
術前
術後
術後

セラミック症例に関するBlog

審美歯科で安く早く歯並び治療

短期間に歯並びを直したい。安く治したい。

 

審美歯科治療は、矯正治療と比較して短期間に終わりますし、安く治療ができる可能性があります。

 

すでにご存じの方も多いと思いますが、歯並びを審美歯科で治す方法ご存知ですか?

 

審美歯科は矯正治療のように装置は使用しません。歯を削ってセラミックでできた歯をかぶせる方法です。

 

歯並び以上に、歯の色を白くきれいにしたり、前歯の大きさが大きくて小さくしたかった方などには審美歯科治療で治すことが可能ですので、そういった面でも審美歯科治療のメリットがあります。

 

審美歯科治療では、2回目のご来院で、仮歯に変えたそのときから歯並びの問題を解消できるのが喜ばれます。仮歯は、歯形をお取りした模型上でお作りしますので、実際に歯を削る前に歯の形を確認して修正することができます。

 

きれいな仮歯が入れば、生活に支障はなく過ごせます。治療期間中にもきれいな仮歯で過ごせます。

 

詳しくは、歯並びを審美歯科で治す

 

歯並びを審美歯科での治療をお考えの方は、まずは無料カウンセリングにお越し下さい。歯並びの状態を確認した上で治療方法,治療期間のご説明、お見積もりのお渡しを行います。

 

仮歯をきれいにする事で仕上がりが予想できます.

前歯の差し歯治療を行う場合,汚い仮歯でもよいという歯科医院も多いようですが,審美歯科治療では歯並びや形にこだわりますので、仮歯の段階で歯並びや形を調整します.

 

仮歯の段階で出来ない歯並びは最終的な歯でも出来ません.仮歯だから良いと思っていると、オールセラミックに変更しても同じ歯並びになってしまいますので注意する必要があります.

 

審美歯科で歯並びを治療する場合、仮歯を使用して歯並びをそろえていきます。仮歯の段階である程度歯並びが改善されるため,患者様には喜んでいただいております.きれいな仮歯を使用しますので、日常生活にそれほど支障はありません.

 

そのため、きれいな仮歯を使用して実際生活して頂きます。いろんな角度から仮歯を見て歯並びの判断をして頂きます。

 

仮歯の修正に実際に歯を作る技工士さんに立ち会ってもらうこともできます。

 

歯並び治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。クリックしてご覧さい。

 

歯並びの治療ページ

 

仮歯は、出っ歯や八重歯の歯並びの治療や、変色した歯の治療を行うときに、歯の削る量や、歯の形を診断する上でも重要になります。きれいな仮歯を作ることで、最終的なセラミックも計画通りに作成することができます。

 

そのため、仮歯をきれいに作成しております。仮歯で日常生活を過ごしても添えほど違和感なくお過ごしいただけます。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

歯並びを審美歯科で改善する方法

審美歯科や歯並び治療をお考えの方は歯茎のラインを気にされる必要があります。審美歯科や歯並びの治療の失敗は歯茎のラインが不揃いになることが原因の場合もあります。

 

歯茎のラインを左右対称にすることは見た目にきれいです。

 

歯茎のラインを左右対称にするために、歯茎を少し切り取る方法や、歯茎の再生治療といって歯茎の少ないところを足す事ができます。

 

整形というと大事のように思えますが、通常、簡単な麻酔と30分程のお時間と0〜2回の痛み止めの服用で済みます。

 

歯茎のラインを揃えるという事は歯の大きさも左右対称に見えます。歯並びのねじれた歯などは審美歯科や部分矯正法でも並べられますが,歯茎の位置に関しましては、歯ぐきの整形や再生を行う必要があります。

 

詳しくは、歯茎の整形をご覧ください。

歯茎のラインが整っていない例

歯茎のラインの良くない例
歯茎のラインの良くない例

お写真のように審美歯科治療を行っている場合が多いのですが、こういったケースは審美歯科治療の失敗と言ってよいと思います。

 

何が失敗かというと、歯茎のラインが左右対称でないため、歯の大きさが左右で異なってしまっているためです。

 

このような場合はしっかりと歯茎の再生や歯茎の整形を行った上で審美歯科治療を行う必要があります。

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

続きを読む

歯列矯正で歯を小さくする方法

歯の大きさが小さいことに魅力を感じる方へ

 

矯正治療で歯並びが並んでも、歯の大きさはそのままになります。

そのため、歯並びが良くなったのに、歯の大きさが大きくて気になるということになってしまうかもしれません。

 

そのため、矯正治療を希望される方は、あらかじめ歯の大きさを小さくしたいという希望を歯科医師に伝える必要があります。通常、矯正治療では、歯の大きさはそのままの状態で治療をすることを考えているためです。

 

歯科医師が、歯の大きさを小さくしたいという要望を受け入れる場合、歯の大きさを小さくしながら矯正治療を行うことが可能です。

 

歯の大きさを小さくする方法をストリッピングと言っています。しみない範囲で歯のエナメル質を削ります。レントゲンを確認してですが、約1ミリほど削れます。1ミリ幅を変えると大きく見た目は変わります。削って研磨するだけの方法ですので特に料金はかかりません。

 

矯正したけど前歯が大きくて気になる方には良い方法だと思います。

 

歯並びが改善しても前歯の大きさが大きい感じがする場合などに歯の幅や長さを少なくして歯を小さくする事で見た目をさらに良くする事が出来ます.

 

ただし、歯を削って歯の大きさを小さくする事が出来るのは矯正期間内に限られます.

 

矯正治療が終わってしまった場合は審美歯科などで歯の大きさを小さくするか、マウスピース矯正で歯を削りながら何度か調整をする方法があります.

 

前歯を審美歯科治療で治す場合に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

前歯の審美歯科のページ

 

前歯の大きさは矯正治療のみでは変更できません。歯を少し削りながら矯正治療を行う事が可能です。歯を削っただけではどうしてもきれいな形にならないため,オールセラミックなどの審美的な材料を使用してきれいな形にする事も可能です。

 

歯並び治療をご希望の方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングでご希望の治療方法の確認の上、治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120-25-1839

03-3251-3921

歯並びを審美歯科治療で良くする場合の注意点

歯並びを短期間に治したいと言う事で、審美歯科治療を選択される方は多いのですが,審美歯科治療をするさいの注意点をご紹介します.


まず、神経のある歯に関しては、歯の神経を抜く必要がある場合があります。歯の位置を出したり下げたりする量が多い場合は、神経が露出してしまい、神経を抜くことがあります。神経が露出してしまっても、直接覆髄法で神経を残せる可能性もありますが。

 

次に、歯並びを治す限界があります。左右にずれてしまっている場合は、通常2ミリの範囲内でずらすことができます。それ以上は審美歯科では難しいです。歯並びを審美歯科でなおす場合、まずは仮歯を確認して頂きます。仮歯の形が気に入りましたら、歯を削って仮歯を入れます。

 

また、歯茎の位置がそろっていない場合は、歯茎の整形や歯茎の再生を行う必要がある場合があります。歯茎の位置によって歯の大きさが変わってしまうためです。歯茎の位置を左右で整えることで平均的な長さの歯を入れることができます。

 

仮歯で最終的な形を確認します。仮歯では,大きさ・歯の輪郭などを調整して行きます。歯の形は、かみ合わせによる制限がありますので、長さに関してはかみ合わせの範囲にするか、反対側の歯を調整して長さを長くする事になります。

 

歯並び治療に関しては下記のリンクページに症例の紹介など詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯並びのページ

 

審美歯科での治療が難しい場合は、最初の段階でその旨をお伝えいたします。まずは無料カウンセリングにお越しになられてはいかがでしょうか。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921