歯茎の審美歯科 歯茎をそろえる


審美歯科治療では、歯茎の位置を整える治療を行っています。歯茎の位置が左右対称にならないと歯の大きさも左右対称に見えないため、きれいな歯並びを希望される方は、歯茎の整形処置をすることをお勧めしております。

 

 


歯茎を成形して左右の歯の大きさを改善したケース

歯茎の整形で笑った時の歯茎の位置を並べます。

歯茎の整形 治療前

左右の前歯の歯茎の位置が異なるため歯の長さが違います。

歯茎の整形をしました。

左右対称の長さになりました。



歯の長さが短い場合

歯茎の整形

歯の大きさが左右で不揃いです。

この場合は3ミリ以上の整形が必要なため、歯茎のオペが必要です。

2週間後の状態。痛みはなかったそうです。

仮歯で歯茎が引き締まるのを待ってセラミックに交換します。



歯茎を再生させて歯の長さを元の長さにしたケース

歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

歯ぐきの再生治療 ケース4

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療

画面右の犬歯の歯茎を移植により再生しています。

歯茎の再生治療 治療前

画面左の犬歯の歯茎が上にあがっています。

いわゆる歯茎のやせた状態です。

歯茎の再生治療で、上の写真のように左右の犬歯の長さが同じになりました。


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

歯並び、審美歯科のトピックス


歯茎の整形関連のブログ


前歯が無いときの審美治療

あなたの前歯が無い場合でもきれいな歯に見せる事が出来ます.

 

前歯が無い場合、上手にブリッジを作らないと見た目の悪い歯並びになってしまいます.

 

今回は、歯が無い場合にきれいな見た目にするオールセラミックブリッジの治療方法のご紹介をいたします.

 

特に前歯でブリッジ治療を行う場合に問題になるのは、歯を抜いた部分の歯茎の形が悪い場合です。歯を抜いた後の歯茎が下がってしまったりすることで前歯の長さが不揃いになって見た目が悪くなってしまうことがあります。歯茎の形を整えることで見た目の良いブリッジ治療が可能になります。

 

歯茎の再生治療を行う事で歯茎の量を増やす事が可能です.

歯茎の厚みを増やしてオールセラミックブリッジの歯の長さを合わせたケース

前歯の1本無いケース
前歯の1本無いケース

前歯を抜いた後そのままにしてしまうと歯茎の高さが無くなりますので、無くなってしまった歯茎を移植によって回復させる事で歯を抜く前の歯茎に近い状態にする事が可能になります.


お写真は仮歯を外した状態です。

前歯3本のブリッジケース
前歯のオールセラミックブリッジ

歯ぐきの再生治療を行い、歯茎の厚みをしっかりと増やしたため,自然な感じの歯並びに見えます.

前歯の歯茎の窪んでしまっていた部分は歯茎を増やすための歯茎移植を行った上でオールセラミックブリッジで歯を作成したため、歯並びが自然な感じに仕上がりました。

歯の大きさも左右対称に作成する事ができました.

 

歯並び治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯並びのページ

 

 

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

お写真では、上前歯3本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミックブリッジ3本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療本で万円(税別)オールセラミックブリッジ3本で30万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

続きを読む

東京の審美歯科ブログ 歯の形と歯並び

審美歯科の治療をご希望の方の中に、歯の形や歯並びを治したくていらっしゃる方がいます。

 

当院の審美歯科治療では歯を削る前に模型上で歯並びや形の確認をしていただいております。歯型をお取りして、模型を作り、模型上でプラスティックの仮歯やワックスを使って、最終的なセラミックの歯の形をお作りします。審美歯科治療では、最終的な歯の形や歯並びが重要ですので、最初の段階でしっかりと確認することが重要です。

 

審美歯科で失敗しないために治療の前に確認してください。

 

歯並びのページ

 

歯並びのページでは、審美歯科治療や矯正治療のご紹介をしております。矯正治療は歯列矯正のモニターを格安価格でご紹介しております。また、審美歯科では、八重歯や出っ歯の歯並びを仮歯をお口の中に装着する事で最終的な歯並びを確認する事ができます。また、前歯のみの歯並びの治療でしたら,部分矯正法も選択肢としてご検討されてはいかがでしょうか?

 

歯の形と歯並びは歯茎の形に左右されます.

お写真のように歯茎が下がると歯の形が変わってしまいます.


~歯並び治療の注意点~

 

審美歯科治療や矯正は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

また、全体矯正治療も保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

部分矯正は上下前歯で20万円(税別)かかります。

 

 

部分矯正治療で歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常しみることはありません。

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。

 

 

続きを読む

歯並びブログ 歯並びの良さとは

どのような歯並びが良い歯並びでしょうか?

 

 

凸凹がない、というだけでは歯並びが良いと感じないかもしれません。

歯の角度や唇の位置との調和がとれている場合を歯並びが良いと感じるかもしれません。

また、見た目ではなく機能的に噛みあわせがしっかりとしている方の歯並びを良い歯並びと考えている方もいると思います。

 

 

自分の好みの歯並びにしたいという方もいらっしゃいますので、歯並びの良いというゴールは1つではないと考えています。

 

ただ、歯並びが良いという大まかな基準がありますので、あまりにも基準から外れる場合はお勧めしない場合もあります。

 

歯並びの治療をする際には、まずどのような歯並びを目指すのか相談されると良いとおもいます。

 

歯並びのページ

 

歯並び治療をお考えの方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますので,治療をご希望の方はご連絡ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3F スターバックス上

0120251839

0332513921 

 

営業時間

11:00~20:00

(水曜・木曜・土曜19時まで)

昼休み

14:00~15:30

(水曜・木曜・土曜14:00~15:00)

 

休診日

日曜日、祝日


~歯並び治療の注意点~

 

審美歯科治療や矯正は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

また、全体矯正治療も保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

部分矯正は上下前歯で20万円(税別)かかります。

 

 

部分矯正治療で歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常しみることはありません。

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。


続きを読む

歯並びと歯茎の関係

歯並びの悪い方は歯の位置が悪いため,それに伴って歯茎の位置も悪い位置となります。

 

歯並びを審美歯科で治療する場合、歯の形や歯並びを治すのと同時に歯茎に関しても修正しないと左右で歯の大きさがちがってしまって、歯並びがよく見えない場合があります。

 

歯並びと歯茎の位置は非常に関係が深いので歯茎の位置の処置もされると良いでしょう。

 

矯正治療を行う場合、歯の移動に伴って歯茎も移動しますので,矯正治療後には、通常、歯茎の位置もそろいます。

 

審美歯科治療を行う場合は、基本的に歯茎の位置が変わりませんので、歯茎の再生治療や歯茎の整形治療を行います。

 

歯並びと歯茎のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

歯並びと歯茎の関係

歯並びが良いって、歯の位置が揃っていることでもあります。

 

歯の長さが長かったりすると歯並びがよく見えないこともあります。例えば、歯の上下的な位置が悪いと八重歯に見えてしまったりします。


歯並びと歯茎の位置が重要です。

歯並びが悪い場合の多くは、歯茎の位置もずれています。

 

八重歯の歯茎は大体上の方にありますし、歯の凸凹がある方は、歯茎の位置も凸凹しています。

歯並びの悪い方は、歯の位置が悪いため,それに伴って歯茎の位置も悪い位置となります。

 歯並びを審美歯科で治療する場合、歯の形や歯並びを治すのと同時に歯茎に関しても修正しないと左右で歯の大きさがちがってしまって、歯並びがよく見えない場合があります。

 

そのため当院では、歯並びが悪い方の審美歯科治療は、歯茎の再生や整形治療を審美歯科治療と合わせて行うことで歯茎の位置を綺麗にすることをお勧めしております。

 

矯正治療を行う場合、歯の移動に伴って歯茎も移動しますので,矯正治療後には、通常、歯茎の位置もそろいます。

 

審美歯科治療を行う場合は、基本的に歯茎の位置が変わりませんので、歯茎の再生治療や歯茎の整形治療を行います。

 

もっと詳しく歯並びの審美歯科治療と歯茎の治療について知りたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯並びと歯茎のページ

 

ただいま無料カウンセリングを行なっております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む