歯茎の審美歯科 歯茎をそろえる


審美歯科治療では、歯茎の位置を整える治療を行っています。歯茎の位置が左右対称にならないと歯の大きさも左右対称に見えないため、きれいな歯並びを希望される方は、歯茎の整形処置をすることをお勧めしております。

 

 


歯茎を成形して左右の歯の大きさを改善したケース

歯茎の整形で笑った時の歯茎の位置を並べます。

歯茎の整形 治療前

左右の前歯の歯茎の位置が異なるため歯の長さが違います。

歯茎の整形をしました。

左右対称の長さになりました。



歯の長さが短い場合

歯茎の整形

歯の大きさが左右で不揃いです。

この場合は3ミリ以上の整形が必要なため、歯茎のオペが必要です。

2週間後の状態。痛みはなかったそうです。

仮歯で歯茎が引き締まるのを待ってセラミックに交換します。



歯茎を再生させて歯の長さを元の長さにしたケース

歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

歯ぐきの再生治療 ケース4

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療

画面右の犬歯の歯茎を移植により再生しています。

歯茎の再生治療 治療前

画面左の犬歯の歯茎が上にあがっています。

いわゆる歯茎のやせた状態です。

歯茎の再生治療で、上の写真のように左右の犬歯の長さが同じになりました。


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

歯並び、審美歯科のトピックス


歯茎の整形関連のブログ


歯並びと歯茎の関係

歯並びの悪い方は歯の位置が悪いため,それに伴って歯茎の位置も悪い位置となります。

 

歯並びを審美歯科で治療する場合、歯の形や歯並びを治すのと同時に歯茎に関しても修正しないと左右で歯の大きさがちがってしまって、歯並びがよく見えない場合があります。

 

歯並びと歯茎の位置は非常に関係が深いので歯茎の位置の処置もされると良いでしょう。

 

矯正治療を行う場合、歯の移動に伴って歯茎も移動しますので,矯正治療後には、通常、歯茎の位置もそろいます。

 

審美歯科治療を行う場合は、基本的に歯茎の位置が変わりませんので、歯茎の再生治療や歯茎の整形治療を行います。

 

歯並びと歯茎のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

歯並びと歯茎の関係

歯並びが良いって、歯の位置が揃っていることでもあります。

 

歯の長さが長かったりすると歯並びがよく見えないこともあります。例えば、歯の上下的な位置が悪いと八重歯に見えてしまったりします。


歯並びと歯茎の位置が重要です。

歯並びが悪い場合の多くは、歯茎の位置もずれています。

 

八重歯の歯茎は大体上の方にありますし、歯の凸凹がある方は、歯茎の位置も凸凹しています。

歯並びの悪い方は、歯の位置が悪いため,それに伴って歯茎の位置も悪い位置となります。

 歯並びを審美歯科で治療する場合、歯の形や歯並びを治すのと同時に歯茎に関しても修正しないと左右で歯の大きさがちがってしまって、歯並びがよく見えない場合があります。

 

そのため当院では、歯並びが悪い方の審美歯科治療は、歯茎の再生や整形治療を審美歯科治療と合わせて行うことで歯茎の位置を綺麗にすることをお勧めしております。

 

矯正治療を行う場合、歯の移動に伴って歯茎も移動しますので,矯正治療後には、通常、歯茎の位置もそろいます。

 

審美歯科治療を行う場合は、基本的に歯茎の位置が変わりませんので、歯茎の再生治療や歯茎の整形治療を行います。

 

もっと詳しく歯並びの審美歯科治療と歯茎の治療について知りたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯並びと歯茎のページ

 

ただいま無料カウンセリングを行なっております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む

歯並びブログ 歯並びの良さとは

歯が並んでいるというのはどういうことでしょうか?

基本的に歯がアーチ状に並んでいれば歯並びが良いと言っていいと思います。

 

ただ、真ん中の歯のラインが左右にずれていたり、上下に歯の位置がずれていたりすると気にされる方もいらっしゃいます。

 

自分の好みの歯並びにしたいという方もいらっしゃいますので、歯並びの良いというゴールは1つではないと考えています。

 

ただ、歯並びが良いという大まかな基準がありますので、あまりにも基準から外れる場合はお勧めしない場合もあります。

 

歯並びのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

 

 

下の歯の歯並び
下の歯の歯並び

上の歯をきれいにするには下の歯の歯並びを治すことも重要になります。

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。


~歯並び治療の注意点~

 

審美歯科治療や矯正は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

また、全体矯正治療も保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

部分矯正は上下前歯で20万円(税別)かかります。

 

 

部分矯正治療で歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常しみることはありません。

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。

 

 

 

続きを読む

歯周病の歯並びを審美歯科治療

歯周病などで前歯が動いてしまう事があります.そんなときの審美歯科治療方法のご説明です.


歯周病にかかってしまうと歯が動いてしまいますので、矯正治療や審美歯科治療で歯並びを治す事があります.歯並びが悪くなった場合、歯周病がさらに悪化しやすくなるため歯周病の治療の一環として歯並びの治療を行う場合があります.


歯周病の歯並びを治療したケース

前歯の歯並び
前歯がのびてしまった歯並び

歯の状態が悪くなると、歯がのびだしてしまう事があります.お写真のケースは、歯の根っこの状態が悪く、歯がのびだしてしまったケースです.

歯並びの改善と歯ぐきの回復のために、オールセラミック治療と歯ぐきの再生治療を行いました.

歯並びの改善
歯並びを改善した状態.

歯ぐきの回復を行い、残せない前歯は歯を抜いてオールセラミックのブリッジにて治療を行いました.

歯の長さをそろえて自然な感じの歯並びにしました.

 

 

 

 

歯並び治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯並び治療のページ

 

 

続きを読む

ジルコニアオールセラミックブリッジ

ブリッジ治療をされる場合に、金属を使用しない、オールセラミックにて治療が可能です。

 

従来のブリッジに比べてより透明感のある綺麗な歯を入れることができます。

ジルコニアオールセラミックブリッジ
ジルコニアオールセラミックブリッジ 治療後

歯がない部分にブリッジ治療を行う場合がありますが、ジルコニアフレームを使用することで、金属を使用しないオールセラミックのブリッジも可能です。


オールセラミックの種類のジルコニアは強度が通常のセラミックよりあります。


オールセラミックには種類がありますので、ご相談ください。


セラミックの素材についてのページ



治療前の状態
治療前の状態

治療前は歯茎が下がってしまったメタルボンドブリッジが入っていましたが、歯茎の再生治療とホワイトニングとジルコニアオールセラミックブリッジを使用することで上の写真のような感じで歯並びを改善させることができます。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む