歯茎の審美歯科 歯茎をそろえる


審美歯科治療では、歯茎の位置を整える治療を行っています。歯茎の位置が左右対称にならないと歯の大きさも左右対称に見えないため、きれいな歯並びを希望される方は、歯茎の整形処置をすることをお勧めしております。

 

 


歯茎を成形して左右の歯の大きさを改善したケース

歯茎の整形で笑った時の歯茎の位置を並べます。

歯茎の整形 治療前

左右の前歯の歯茎の位置が異なるため歯の長さが違います。

歯茎の整形をしました。

左右対称の長さになりました。



歯の長さが短い場合

歯茎の整形

歯の大きさが左右で不揃いです。

この場合は3ミリ以上の整形が必要なため、歯茎のオペが必要です。

2週間後の状態。痛みはなかったそうです。

仮歯で歯茎が引き締まるのを待ってセラミックに交換します。



歯茎を再生させて歯の長さを元の長さにしたケース

歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

歯ぐきの再生治療 ケース4

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療

画面右の犬歯の歯茎を移植により再生しています。

歯茎の再生治療 治療前

画面左の犬歯の歯茎が上にあがっています。

いわゆる歯茎のやせた状態です。

歯茎の再生治療で、上の写真のように左右の犬歯の長さが同じになりました。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

歯並び、審美歯科のトピックス

歯茎の整形関連のブログ


東京の審美歯科ブログ 歯の形と歯並び

審美歯科の治療をご希望の方の中に、歯の形や歯並びを治したくていらっしゃる方がいます。

 

当院の審美歯科治療では歯を削る前に模型上で歯並びや形の確認をしていただいております。歯型をお取りして、模型を作り、模型上でプラスティックの仮歯やワックスを使って、最終的なセラミックの歯の形をお作りします。審美歯科治療では、最終的な歯の形や歯並びが重要ですので、最初の段階でしっかりと確認することが重要です。

 

審美歯科で失敗しないために治療の前に確認してください。

 

歯並びのページ

 

歯並びのページでは、審美歯科治療や矯正治療のご紹介をしております。矯正治療は歯列矯正のモニターを格安価格でご紹介しております。また、審美歯科では、八重歯や出っ歯の歯並びを仮歯をお口の中に装着する事で最終的な歯並びを確認する事ができます。また、前歯のみの歯並びの治療でしたら,部分矯正法も選択肢としてご検討されてはいかがでしょうか?

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

03-3251-3921

歯の形と歯並びは歯茎の形に左右されます.

お写真のように歯茎が下がると歯の形が変わってしまいます.

歯茎の形を歯ぐきの再生治療で治す事で、きれいに並んだ歯並びに見えるようになります.

上のボタンを押してBlogを共有して頂けると幸いです.

0 コメント

歯並びBlog  歯並びによって歯肉が下がりやすくなることがあります。

歯並びと骨の関係
歯並びと骨の関係

歯並びが悪いという事は、単に見た目が悪いというだけでなく、将来的に歯肉が下がってしまう事につながるかもしれません。

 

歯並びの悪い歯は、歯科用のCTなどで確認した場合,顎の骨から飛び出してしまっている事がよくあります。顎の骨のに覆われていない歯の歯肉は下がりやすい事が知られています。

 

たとえば、八重歯の方の場合、犬歯が骨の外に飛び出していることが多いため、通常より歯茎が下がりやすくなってしまっています。八重歯の歯茎が下がって長くなっている方を見かける機会が多いのは歯茎が通常より下がりやすいためです。

 

歯肉が下がらないように歯肉の再生などを行う場合もあります。骨の厚みを増すことは難しいため歯茎を厚くして歯茎が下がったのを回復するとともに歯茎をさがりにくくします。

 

歯肉の再生のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120-25-1839

0 コメント

歯並び治療前に要注意!歯茎の位置をそろえると歯並びがきれいになります

成人の方の歯並び治療をされる方。歯並びが並んでも、歯茎が下がってしまっていると、歯並びが悪く見えてしまいます。

歯茎の位置がそろわない

歯茎の位置がそろわない状態で来院されました。

このまま審美歯科治療を行うと歯並びが悪くなってしまいます。

歯茎がそろわない状態

歯茎の位置を再生治療で整えた上で仮歯を入れています。歯並びがよくなったように感じます。


歯の長さが不揃いでは歯並びが不揃いに見えてしまいます。横には並んでいるのにでこぼこに見えてしまいます。

そのため、歯並びの治療を行うときは歯茎の位置をそろえるところから行うことをお勧めしています。

 

歯並びホーム

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております

続きを読む 0 コメント

歯並びBlog 歯茎の位置で歯並びが悪く見えるケース

歯並びは歯の長さが長いと悪く見えてしまうことがあります。

 

特に八重歯の歯の歯茎が下がってしまっていると、八重歯が強調して見えてしまうため、歯並びが悪く見えてしまうことがあります。


その八重歯の見た目は歯茎が下がってしまっているので目立ってしまっていませんか?

歯並び
歯並び

歯茎が下がってしまうと犬歯が八重歯に見える場合があります。写真のように犬歯が長く見え歯が並んでいないように見えます。こういったケースでは歯茎を再生させて歯茎を回復する事で、歯並びを良く見せます。

歯並び
歯並びと歯茎の関係

上の写真の上の前歯の歯茎を歯茎の再生治療で回復させた状態が下の写真です。上の犬歯の歯茎を元に戻す事で、歯並びが良くなったように見えるのが分かります。

下の歯の犬歯も歯茎が下がって八重歯のように見えてしまっています。下の歯も同じように歯茎の再生治療で回復させると歯並びがよく見えるようになります。

続きを読む 0 コメント

歯並びを審美歯科で治す場合の仮歯

歯茎の再生治療を行う前の仮歯について

歯茎が下がってしまって、セラミックの歯が入っている場合、最終的な形に近い形をした仮歯をまず入れます。

その後に歯茎の再生治療で歯茎を回復させます。

歯茎の再生治療で回復した歯茎が治るまでの間約3ヶ月間、仮歯の状態で待ちます。

仮歯で形の修正もします。


続きを読む 0 コメント