歯茎の審美歯科 歯茎をそろえる


審美歯科治療では、歯茎の位置を整える治療を行っています。歯茎の位置が左右対称にならないと歯の大きさも左右対称に見えないため、きれいな歯並びを希望される方は、歯茎の整形処置をすることをお勧めしております。

 

 


歯茎を成形して左右の歯の大きさを改善したケース

歯茎の整形で笑った時の歯茎の位置を並べます。

歯茎の整形 治療前

左右の前歯の歯茎の位置が異なるため歯の長さが違います。

歯茎の整形をしました。

左右対称の長さになりました。



歯の長さが短い場合

歯茎の整形

歯の大きさが左右で不揃いです。

この場合は3ミリ以上の整形が必要なため、歯茎のオペが必要です。

2週間後の状態。痛みはなかったそうです。

仮歯で歯茎が引き締まるのを待ってセラミックに交換します。



歯茎を再生させて歯の長さを元の長さにしたケース

歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生 歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療 歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。

歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。

歯茎の再生治療 ケース3

歯ぐきの再生治療 再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療 再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

歯ぐきの再生治療 ケース4

歯茎の再生治療 歯茎の再生治療

画面右の犬歯の歯茎を移植により再生しています。

歯茎の再生治療 治療前

画面左の犬歯の歯茎が上にあがっています。

いわゆる歯茎のやせた状態です。

歯茎の再生治療で、上の写真のように左右の犬歯の長さが同じになりました。


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

歯並び、審美歯科のトピックス


歯茎の整形関連のブログ


ジルコニアオールセラミックブリッジ

ブリッジ治療をされる場合に、金属を使用しない、オールセラミックにて治療が可能です。

 

従来のブリッジに比べてより透明感のある綺麗な歯を入れることができます。

ジルコニアオールセラミックブリッジ
ジルコニアオールセラミックブリッジ 治療後

歯がない部分にブリッジ治療を行う場合がありますが、ジルコニアフレームを使用することで、金属を使用しないオールセラミックのブリッジも可能です。


オールセラミックの種類のジルコニアは強度が通常のセラミックよりあります。


オールセラミックには種類がありますので、ご相談ください。


セラミックの素材についてのページ



治療前の状態
治療前の状態

治療前は歯茎が下がってしまったメタルボンドブリッジが入っていましたが、歯茎の再生治療とホワイトニングとジルコニアオールセラミックブリッジを使用することで上の写真のような感じで歯並びを改善させることができます。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む

歯並びを審美歯科で治す場合の仮歯

歯茎の再生治療を行う前の仮歯について

歯ぐきが下がってしまった差し歯の治療を希望される方が増えています。

 

下がってしまった歯茎に合わせて差し歯を作ってしまうと、差し歯が長く、見た目が悪くなってしまうという問題が起こってしまいます。

 

差し歯の際治療の際に歯茎の再生治療を合わせて行うことで、見た目が改善されます。この際、仮歯を調整して歯茎の位置を整える必要があります。

 

今回、歯茎の再生治療を行う際に必要な仮歯のご説明をいたします。

 

歯茎が下がってしまって、セラミックの歯が入っている場合、最終的な形に近い形をした仮歯をまず入れます。

その後に歯茎の再生治療で歯茎を回復させます。

歯茎の再生治療で回復した歯茎が治るまでの間約3ヶ月間、仮歯の状態で待ちます。

仮歯で形の修正もします。

続きを読む

歯並びBlog  歯並びによって歯肉が下がりやすくなることがあります。

歯並びによっては、歯茎が下がりやすくなる場合があります。

 

歯が飛び出している場合など、歯の凸凹がある場合、歯の根っこの表側の顎の骨が薄くなってしまっています。こういった歯の歯茎は下がりやすくなってしまいます。

 

一般的に、歯の周囲を支える骨が薄い場合、歯茎が下がりやすくなることが知られています。

歯並びと骨の関係
歯並びと骨の関係

歯並びが悪いという事は、単に見た目が悪いというだけでなく、将来的に歯肉が下がってしまう事につながるかもしれません。

 

歯並びの悪い歯は、歯科用のCTなどで確認した場合,顎の骨から飛び出してしまっている事がよくあります。顎の骨のに覆われていない歯の歯肉は下がりやすい事が知られています。

 

たとえば、八重歯の方の場合、犬歯が骨の外に飛び出していることが多いため、通常より歯茎が下がりやすくなってしまっています。八重歯の歯茎が下がって長くなっている方を見かける機会が多いのは歯茎が通常より下がりやすいためです。

 

歯肉が下がらないように歯肉の再生などを行う場合もあります。骨の厚みを増すことは難しいため歯茎を厚くして歯茎が下がったのを回復するとともに歯茎をさがりにくくします。

 

歯肉の再生のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120-25-1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯並びBlog 歯茎の位置で歯並びが悪く見えるケース

歯並びは歯の長さが長いと悪く見えてしまうことがあります。

 

特に八重歯の歯の歯茎が下がってしまっていると、八重歯が強調して見えてしまうため、歯並びが悪く見えてしまうことがあります。


その八重歯の見た目は歯茎が下がってしまっているので目立ってしまっていませんか?

歯並び
歯並び

歯茎が下がってしまうと犬歯が八重歯に見える場合があります。写真のように犬歯が長く見え歯が並んでいないように見えます。こういったケースでは歯茎を再生させて歯茎を回復する事で、歯並びを良く見せます。

歯並び
歯並びと歯茎の関係

上の写真の上の前歯の歯茎を歯茎の再生治療で回復させた状態が下の写真です。上の犬歯の歯茎を元に戻す事で、歯並びが良くなったように見えるのが分かります。

下の歯の犬歯も歯茎が下がって八重歯のように見えてしまっています。下の歯も同じように歯茎の再生治療で回復させると歯並びがよく見えるようになります。

続きを読む

前歯が無いときの審美治療

あなたの前歯が無い場合でもきれいな歯に見せる事が出来ます.

 

前歯が無い場合、上手にブリッジを作らないと見た目の悪い歯並びになってしまいます.

 

今回は、歯が無い場合にきれいな見た目にするオールセラミックブリッジの治療方法のご紹介をいたします.

 

特に前歯でブリッジ治療を行う場合に問題になるのは、歯を抜いた部分の歯茎の形が悪い場合です。歯を抜いた後の歯茎が下がってしまったりすることで前歯の長さが不揃いになって見た目が悪くなってしまうことがあります。歯茎の形を整えることで見た目の良いブリッジ治療が可能になります。

 

歯茎の再生治療を行う事で歯茎の量を増やす事が可能です.

歯茎の厚みを増やしてオールセラミックブリッジの歯の長さを合わせたケース

前歯の1本無いケース
前歯の1本無いケース

前歯を抜いた後そのままにしてしまうと歯茎の高さが無くなりますので、無くなってしまった歯茎を移植によって回復させる事で歯を抜く前の歯茎に近い状態にする事が可能になります.


お写真は仮歯を外した状態です。

前歯3本のブリッジケース
前歯のオールセラミックブリッジ

歯ぐきの再生治療を行い、歯茎の厚みをしっかりと増やしたため,自然な感じの歯並びに見えます.

前歯の歯茎の窪んでしまっていた部分は歯茎を増やすための歯茎移植を行った上でオールセラミックブリッジで歯を作成したため、歯並びが自然な感じに仕上がりました。

歯の大きさも左右対称に作成する事ができました.

 

歯並び治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯並びのページ

 

 

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

お写真では、上前歯3本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミックブリッジ3本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療本で万円(税別)オールセラミックブリッジ3本で30万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

続きを読む