歯周病の歯並びを審美歯科治療

歯周病などで前歯が動いてしまう事があります.そんなときの審美歯科治療方法のご説明です.


歯周病にかかってしまうと歯が動いてしまいますので、矯正治療や審美歯科治療で歯並びを治す事があります.歯並びが悪くなった場合、歯周病がさらに悪化しやすくなるため歯周病の治療の一環として歯並びの治療を行う場合があります.


歯周病の歯並びを治療したケース

前歯の歯並び
前歯がのびてしまった歯並び

歯の状態が悪くなると、歯がのびだしてしまう事があります.お写真のケースは、歯の根っこの状態が悪く、歯がのびだしてしまったケースです.

歯並びの改善と歯ぐきの回復のために、オールセラミック治療と歯ぐきの再生治療を行いました.

歯並びの改善
歯並びを改善した状態.

歯ぐきの回復を行い、残せない前歯は歯を抜いてオールセラミックのブリッジにて治療を行いました.

歯の長さをそろえて自然な感じの歯並びにしました.

 

 

 

 

歯並び治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯並び治療のページ

 

 

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯3本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミックブリッジ 3本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)オールセラミックブリッジ 3本で30万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。