オールセラミックは磨かなくてよい?

オールセラミック を入れたので歯ブラシはしなくても良いと思っていませんか?

 

オールセラミックを入れたら安心してか歯をしっかりと磨かない方もいらっしゃいます。確かにオールセラミックは天然の歯より汚れが付きにくいのですが、磨かないと変色してしまう事になるかもしれませんので要注意です。

 

理想的には審美歯科治療後、3~6か月に1回歯科医院でクリーニングをされることが望ましいです。クリーニングは保険外診療ですので、病院によって料金や技術が異なります。オールセラミックに傷をつけずにクリーニングを行っている歯科医院で定期的にクリーニングをされることをお勧めします。


オールセラミックは汚れが付きにくいですが、変色してしまうかもしれません。

歯ブラシの状態があまり良くないようで、全体的に歯の表面が磨き残してしまっている状態です.画面真ん中から2番目の右側の歯がオールセラミックの歯ですが,歯の表面が光沢があって周りの歯の表面とは異なる状態です.これは決してオールセラミックが汚れにくいと言う事ではなく、オールセラミックを仮止めしたばっかりだからです.

 

歯ブラシの状態が悪いと次回ご来院いただく時にはオールセラミックも周囲の歯と同じように汚れてしまっているかもしれません.

 

オールセラミックだから磨かなくても良いと言う事はありません。状態によっては変色してしまう可能性もございますのでお気をつけてください.

 

オールセラミックのページ

 

 


~オールセラミック 治療の注意点~

 

オールセラミック 治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びなどを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

料金に関しましては、1本あたりの標準的な料金となります。多数の歯を治す場合は、本数分の治療費がかかります。

 

オールセラミック 治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

 

 

また、オールセラミック 歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 


オールセラミック の無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団歯健会 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F  スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839

メモ: * は入力必須項目です