歯並びブログ 審美歯科の仮歯

皆様は、審美歯科で歯の形を決めるときどうして決めるかご存じでしょうか?

なかなかイメージ通りの歯を作るのは難しいのが知られています。

 

ほんの少しだけ長い場合、出っ歯に見える場合、角ばってしまっていると感じる場合などでも非常に気になってしまうことが多いようです。歯の形が気にいるかどうかは、ほんの少しのことで決まります。

 

歯並びを審美歯科でなおす場合、まず仮歯にして、形を見て頂きます。仮歯がきれいでないと最終的なセラミックの形が決められません。

 

当院で使用している仮歯は、最終的なセラミックの形と同じかそれにかなり近いものを入れます。そのため、日常生活の見た目の心配はほとんどありません。仮歯は少し透明感がないのと、色の種類が少ないのですが、ほとんどの場合大丈夫です。

 

結婚式などでお急ぎの方も仮歯でもあるていど見た目の良いものもお作りいたします。

 

歯並びのページ

 

出っ歯や八重歯などの歯並びの審美歯科治療を行う場合,仮歯で変更した噛み合わせを確認する必要があります。かみ合わせが悪い場合お痛みが出る事もあります。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。