歯並びを審美歯科で治す場合の仮歯

歯茎の再生治療を行う前の仮歯について

歯ぐきが下がってしまった差し歯の治療を希望される方が増えています。

 

下がってしまった歯茎に合わせて差し歯を作ってしまうと、差し歯が長く、見た目が悪くなってしまうという問題が起こってしまいます。

 

差し歯の際治療の際に歯茎の再生治療を合わせて行うことで、見た目が改善されます。この際、仮歯を調整して歯茎の位置を整える必要があります。

 

今回、歯茎の再生治療を行う際に必要な仮歯のご説明をいたします。

 

歯茎が下がってしまって、セラミックの歯が入っている場合、最終的な形に近い形をした仮歯をまず入れます。

その後に歯茎の再生治療で歯茎を回復させます。

歯茎の再生治療で回復した歯茎が治るまでの間約3ヶ月間、仮歯の状態で待ちます。

仮歯で形の修正もします。


前歯の仮歯の修正3回目

歯茎のラインの修正と歯のふくらみの修正をしました。

小さく丸い感じがご希望ということで、お顔の感じに合わせて、少し丸みの付いた感じに仮歯を修正しています。

それから、歯ブラシの練習をしました。

きれいな歯を長持ちさせるには歯ブラシは重要ですから。

東京の審美歯科 のページ