東京 審美歯科ブログ あなたは変色した歯を白くしますか?

審美歯科では、変色している歯を白い歯に変える事ができます。

変色している歯のケースでは,透明感を少し落としたセラミックを使用して,変色が透けて見えないように調節します。

 

お写真のケースでは、変色して茶色い歯をオールセラミックで白い歯にしています。上下12本の歯をオールセラミックにする事で、同じ色合いの歯とする事ができます。オールセラミックでは、歯並びも改善する事ができ、きれいな歯並びになっています。

 

特に変色の強い方は、ホワイトニングでは白くなる限界があり、納得する白さにならない場合が多いため、オールセラミックをお勧めしております。

 

変色した歯の審美歯科治療の詳しい内容を知りたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

変色した歯の治療ページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯の色を治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

 

審美歯科で歯の色を治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。

 

また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません