歯並びと歯茎の関係

歯並びが悪い場合の多くは、歯茎の位置もずれています。

 

八重歯の歯茎は大体上の方にありますし、歯の凸凹がある方は、歯茎の位置も凸凹しています。

歯並びの悪い方は、歯の位置が悪いため,それに伴って歯茎の位置も悪い位置となります。

 歯並びを審美歯科で治療する場合、歯の形や歯並びを治すのと同時に歯茎に関しても修正しないと左右で歯の大きさがちがってしまって、歯並びがよく見えない場合があります。

 

そのため当院では、歯並びが悪い方の審美歯科治療は、歯茎の再生や整形治療を審美歯科治療と合わせて行うことで歯茎の位置を綺麗にすることをお勧めしております。

 

矯正治療を行う場合、歯の移動に伴って歯茎も移動しますので,矯正治療後には、通常、歯茎の位置もそろいます。

 

審美歯科治療を行う場合は、基本的に歯茎の位置が変わりませんので、歯茎の再生治療や歯茎の整形治療を行います。

 

もっと詳しく歯並びの審美歯科治療と歯茎の治療について知りたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯並びと歯茎のページ

 

ただいま無料カウンセリングを行なっております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921