歯並びを審美歯科で改善する方法

審美歯科や歯並び治療をお考えの方は歯茎のラインを気にされる必要があります。審美歯科や歯並びの治療の失敗は歯茎のラインが不揃いになることが原因の場合もあります。

 

歯茎のラインを左右対称にすることは見た目にきれいです。

 

歯茎のラインを左右対称にするために、歯茎を少し切り取る方法や、歯茎の再生治療といって歯茎の少ないところを足す事ができます。

 

整形というと大事のように思えますが、通常、簡単な麻酔と30分程のお時間と0〜2回の痛み止めの服用で済みます。

 

歯茎のラインを揃えるという事は歯の大きさも左右対称に見えます。歯並びのねじれた歯などは審美歯科や部分矯正法でも並べられますが,歯茎の位置に関しましては、歯ぐきの整形や再生を行う必要があります。

 

詳しくは、歯茎の整形をご覧ください。

歯茎のラインが整っていない例

歯茎のラインの良くない例
歯茎のラインの良くない例

お写真のように審美歯科治療を行っている場合が多いのですが、こういったケースは審美歯科治療の失敗と言ってよいと思います。

 

何が失敗かというと、歯茎のラインが左右対称でないため、歯の大きさが左右で異なってしまっているためです。

 

このような場合はしっかりと歯茎の再生や歯茎の整形を行った上で審美歯科治療を行う必要があります。

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839