なるべく短期間に歯並びを綺麗にしたいという場合は審美歯科治療が有効です。

歯並びを治したい場合、どのような方法があるとお考えでしょうか?今回は、上の前歯の歯並びをなるべく短期間に少ない回数で見た目の良い歯並びにする方法のご紹介です。

 

審美歯科治療を行った場合、治療開始1回目に仮歯で綺麗な歯並びにすることができます。


歯並びを審美歯科治療で行う場合は、歯茎の再生治療をセットで考えることで、左右の歯の大きさを揃えることができます。

歯並びを審美歯科で治療する事ができます.ただ、審美歯科治療のみでは歯茎の位置が変わらず、八重歯の場合など歯が長くなってしまいます.こんな場合は審美歯科治療前に歯茎の再生治療を行って歯茎の位置を整えてから審美歯科治療に入ります.

 

また、大幅な前歯の移動が必要な場合は部分矯正治療によって短期間にきれいな歯ぐきのならびになります.

歯並びを審美歯科で治療
歯並びを審美歯科で治療

よくある2番目の歯が内側に入ってしまった歯並びです.

短期間で治療をする場合,この内側に入ってしまっている2本の歯を抜いてオールセラミックブリッジで治療をする方法もあります.

上を審美歯科下を部分矯正で治療
上を審美歯科下を部分矯正で治療

上の歯並びを審美歯科で治療するために、仮歯を入れました.下の歯の歯並びは部分矯正を行っています.部分矯正は2ヶ月程で終了します.

上下の歯を噛み合わせてから、上の仮歯をオールセラミックブリッジに交換します.

上の犬歯は長さが長かったため、歯茎の再生治療を行って歯茎の位置をそろえています.また、下の歯並びを部分矯正で並べる事で歯茎の位置もそろっていきます.矯正治療を行うと歯茎も歯と同時に動いてくるためです。

 

 

 

歯並びを審美歯科で治療する場合の詳しいページ