歯並び治療Blog 歯並びを審美歯科で治すなら精密審美歯科で

歯並びを審美歯科治療で行った場合,オールセラミックが治療後に炎症を起こしてしまったり、歯茎が下がったりして再治療になる事があります.


こういった問題を少なくするために、精密なオールセラミックを作成する事が大切になります.拡大鏡や顕微鏡を使用した審美歯科治療を精密審美歯科治療と言っています.


歯並び治療は精密審美歯科治療で

精密審美歯科を知らずに審美歯科をしようとしてますか?

 

審美歯科というときれいな歯の治療というイメージしかないので、歯は綺麗なのに長持ちしないなんて状況を想像できないと思います。

 

単に、白いオールセラミックの歯を入れればその状態がいつまでも続くのではなく、しっかりと治療を行わないと歯茎の炎症に伴う、歯茎の退縮・歯茎の黒ずみが起こります。

 

また、審美歯科のトラブルによく思っていた歯と違う形の歯を無理やり入れられてしまったということがあります。

 

こんなトラブルを解決するのが精密審美歯科です。

 

精密審美歯科のポイントはざっくり説明すると3点。

1.拡大鏡・顕微鏡を見ながら作業し、細かい適合を合わせる。

2.歯茎の再生・整形を行うことができる。

3.仮歯で最終的なセラミックの形のイメージを作る。

 

ということです。

 

東京の精密審美歯科をご参考に

 

精密審美歯科では、歯茎の整形や再生、歯並び治療時、オールセラミック治療時にも重要です。審美歯科治療をご希望の方は、精密審美歯科治療を行う事をお勧めしております。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921