仮歯をきれいにする事で仕上がりが予想できます.

前歯の差し歯治療を行う場合,汚い仮歯でもよいという歯科医院も多いようですが,審美歯科治療では歯並びや形にこだわりますので、仮歯の段階で歯並びや形を調整します.


仮歯の段階で出来ない歯並びは最終的な歯でも出来ません.仮歯だから良いと思っていると、オールセラミックに変更しても同じ歯並びになってしまいますので注意する必要があります.


審美歯科で歯並びを治療する場合、仮歯を使用して歯並びをそろえていきます。仮歯の段階である程度歯並びが改善されるため,患者様には喜んでいただいております.きれいな仮歯を使用しますので、日常生活にそれほど支障はありません.

 

そのため、きれいな仮歯を使用して実際生活して頂きます。いろんな角度から仮歯を見て歯並びの判断をして頂きます。

 

仮歯の修正に実際に歯を作る技工士さんに立ち会ってもらうこともできます。


歯並び治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。クリックしてご覧さい。

 

歯並びの治療ページ

 

仮歯は、出っ歯や八重歯の歯並びの治療や、変色した歯の治療を行うときに、歯の削る量や、歯の形を診断する上でも重要になります。きれいな仮歯を作ることで、最終的なセラミックも計画通りに作成することができます。

 

そのため、仮歯をきれいに作成しております。仮歯で日常生活を過ごしても添えほど違和感なくお過ごしいただけます。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921