歯の形を治したい場合の審美歯科治療

歯の大きさを変えたい場合、単に審美歯科治療を行っても改善されない場合があります。重要なのは歯茎の位置になります。


単にオールセラミックの差し歯を入れただけでは、歯茎の位置が改善されず、歯の大きさが左右で不揃いになってしまう場合などは単純な審美歯科治療では改善されません。


多くの場合、オールセラミックの治療と同時に歯茎の形を整形することで、歯の大きさを調整することができます。

 

歯の大きさが小さい場合、歯茎の整形を行い、歯が長い場合は歯茎の再生を行います。歯茎の整形をすることで歯の長さを長くすることができます。歯茎の再生は歯の長さを短くします。

 

歯茎の整形や再生を行うと治療期間が3か月ほど伸びます。間隔をあけてご来院していただければよいかと思います。

 

歯茎の位置を整えることでより自然な歯並びにすることが可能になります。

 

歯茎の審美歯科のページ