歯茎の腫れが審美歯科を失敗にします。

オールセラミックなど差し歯を審美歯科治療で治療する場合は、歯ブラシを丁寧にする必要があります。


セラミック治療をご希望の方の中に、歯茎が腫れていらっしゃる方がいます。

 

腫れた歯茎のままでは長持ちするセラミックの歯を入れることは難しくなります。

 

歯茎が腫れているときは歯茎の毛細血管が拡張して、歯茎が赤く見えます。これは、歯茎が炎症している状態です。放置しておくと歯周病に移行しますので要注意です。

 

通常、歯ブラシやクリーニングを丁寧にすると、1~2週間ほどで赤みが消えてきます。

しっかりと引き締まった状態で歯型をお取りします。引き締まった状態で歯型をお取りすることで精密な精度の治療が可能になります。

 

 歯茎が腫れている場合、治療後に歯茎からにおいがする、死守病になってしまった、歯茎が下がったなど問題が起こる場合があります。

 

 また、審美歯科治療を格安料金で行いたい方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。


審美歯科の格安料金のページ

 


また、ただいま審美歯科治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

お問い合わせのお電話は営業時間中にお受けしております。

営業時間中はお電話が混雑する事もございますのでメールでのご相談もお受けしております。